MEO対策って何?Googleマップの上位対策について

Shortcodes Ultimate

GoogleのSEO対策のように、Google検索の結果ページにGoogleマップが表示されている3つの枠に、上位表示させる対策を「MEO」言います。SEOは頻繁に耳にするようになったものの、MEOについては具体的にどのようなものなのかわからず、対策を行えていない企業も多いのではないでしょうか?

Googleのマイビジネスに登録することでスタート地点に立つことができ、マップを使った集客にも繋がります。MEOについてわかりやすくご紹介します。

MEO対策(ローカルSEO)とは?

そもそもMEOとは“Google Mapsの最適化”を行うことをいいます。Googleのストリートビューの撮影業者のセールス用語から誕生した言葉になります。そのため日本でしか使われていないこともあり、少し曖昧な意味に取られてしまいがちです。海外では「ローカルSEO」と呼ばれております。

近年、マップ検索から店舗へアクセスするユーザーの数が増えています。あなたも一度はGoogle マップを見ながら「近くにあるお店」など検索してみたことがあるのではないでしょうか。はじめて行く場所など、知らないお店や美味しいお店があるかどうか調べるときにも便利な方法です。

Google マップを使った集客方法は、その地域など商圏内のターゲットユーザーにダイレクトに店舗の情報を認知させるやり方でもあります。例えばGoogleの検索エンジンから店舗の検索を行った場合、多くの場合は大手ポータルサイトや、チェーン店などの大手企業が表示されることがほとんどです。SEO対策もできていますし、規模を考えても地域の小さなお店が大手を抜いて上位に行くのは簡単な話ではありません。

でもマップを使ったMEO対策であれば、検索した地域の実店舗しか掲載されません。そのため、相手がどんなに強豪大手だとしても関係ないのです。実際に見てみるとわかるのですが、GoogleのSEO対策を行ったサイトよりも上位に表示されています。

そのため、一番に見てもらえる可能性も高くなります。どんな集客もお客さんに見てもらわなくては意味がありません。「ここにこんなお店があるよ」とアピールするためにも、マップを使った方法がとても効果的なのです。

マップと一緒に表示されることもあり、すぐにお店の場所を捉えやすい特徴もあります。マップを見て「これなら近いからすぐに行けるね!」なんて視認性の高さも期待できます。

Googleマップを使ってMEO対策を行うメリット・デメリット

マップを使った集客が、いかに効率的な方法なのかがわかっていただけたのではないでしょうか。実際に行った場合のメリット・デメリットについて説明します。

メリット1. 来客に繋がりやすい

Google マップには、ユーザーの現在の位置と店舗までの経路や到着予測時間などの欲しい情報が一度に表示されています。お店の住所や連絡先も表示されるので、事前に問い合わせをするときも、一度閉じて調べ直す必要もありません。

ちょっとした一手間がかかるだけでも来店率を下げる原因になってしまいます。マップを使った集客にはダイレクトに来店を促しやすいメリットがあります。誰が見てもわかりやすく表示してくれます。

メリット2. 競合が少なく上位を狙いやすい

SEO対策は、すでに行っている企業も多く、大手ほど上に上がりやすいため、今から上位表示を狙うには限界があります。競合性の多いキーワード=検索するユーザー数も多いのですが、小中規模のお店では太刀打ちできないこともあります。

Googleマップを使えば、ターゲット地域に存在する店舗だけが競合になります。そのため、SEOよりも圧倒的に競合が少なく、検索上位を狙いやすいなどの良さもあります。

メリット3. 見込み客が絞りやすい

実際に地域でお店を検索しているということは、今欲しいと思っている情報(もしくは近々に欲しいと思っている)の可能性が高くなります。そのため来店してくれる確立が高いお客さんでもあるのです。

リアルタイムでお店を探しているお客さんかもしれませんし、予約などの電話がいただけるかもしれません。ただ店舗の情報を見ているだけの人よりも、今欲しいと思っているポテンシャルの高い集客ができます。

デメリット 悪い口コミも見られてしまう

お店によってはお客さんの口コミを集めるのが難しく、なかなか増えないなんてケースもあると思います。また、せっかく口コミをもらってもなかにはネガティブな表現が含まれてしまっていることもあります。

ときにはクレームがついてしまうこともあり、口コミを集めるというのは簡単なことでではありません。口コミを書きたいなと思わせるような対策も必要です。ただ待っているだけでは増えずに対策ができているとは言えません。

また、クレームがついてしまっても、焦る必要はありません。
真摯にクレームに対して、お返事することで、第三者が見たときに印象が180°変わります。

まとめ

Googleマップ版SEO、通称MEOですが、地域や業種を絞って検索しているからこそ、よりターゲット層を絞った集客ができる対策です。

優良なお客さんを集客しつつ、ポジティブな口コミを増やしていきましょう。
特定の地域をターゲットとしたローカルビジネスには最適な方法になりますので、SEO対策でなかなか効果が出ない人も試してみてくださいね。

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です