MEO対策が最近話題になってきてますので、改めてMEOのメリットをお伝えします!

そもそもMEOとは?

MEOとは(Map Engine Organization)のことでGoogle Mapに代表されるような地図検索の利用に際しサイトを最適化させることを指し、簡単に言えば地図検索で上位表示させるための対策ということになります。
よくSEO(Site Engine Organization)とかSEO対策という言葉で見聞きしたことがあると思います。こちらはYahoo!といった検索エンジンでキーワード検索した際、検索結果の上位に位置することを目的としたもので、SEOの方がなじみがあるかもしれません。

SEOがキーワードといった文字検索であるのに対し、MEOは地図に位置情報を提供するという違いがあります。

スマホさえあればどこへ行っても大丈夫?

SEOが自身のサイトやブログに、キーワードを織り交ぜて検索上位になることを目的とし、一種の広告としての役目を果たしていますが、今後の主流はMEOにとって代わる可能性が高いと言えるかもしれません。
なぜなら利用者であるユーザーは、これまでのように事前調査をしてから店舗に出向くというよりはぶらりと出向いた先で探すとか、ひとまず現地に行ってから検索する、という人の方が圧倒的に増えてきたからです。その背景にはモバイル端末の急速な普及という事実があり、スマホを持ってさえいればどこに行っても必用な情報を取得できるようになったからです。

そして地図検索し、現在位置からの距離や店舗データなど必要な情報を必要な時に得るのです。

MEOが新たな広告主体になる?

このように行った先で情報を得るという行為は、手軽である上にタイムリーな情報取得手段として定着しており、スマホさえあれば極端な話、手ぶらで行っても何の不自由も感じないというレベルになっています。
電子マネー、位置情報としてのナビゲーションシステム、そして店舗情報や他店との比較、口コミや写真といった様々な情報がスマホ1台あればすべて完結出来てしまうのです。
出向いた先で検索する場合、往々にしてユーザーは今いる自分の場所からの距離、つまり位置関係を気にする傾向にあります。

「何キロ離れているのか」「何分で行けるのか」といったことは、地図による検索という視覚的に判断できる方法で利用することが圧倒的に多く、そこに店舗情報などが掲載されることで集客効果が高まります。

つまりMEOはSEOに代わるあらたな広告主体としてクローズアップされているのです。

MEOを利用するには?

SEOを知っている人であれば、ある程度はMEOを自分で行うことは可能です。
検索キーワード、アカウント管理、写真や情報の整理、そして自身のサイトへのリンクといったことを丹念に行うことでMEOとしての利用は可能です。

しかしそれで実際に集客が見込めて売り上げに貢献することがゴールですので、それが達成できないとなるとMEOの効果が表れていないということになります。

SEOでもよくあることですが、キーワード検索でヒットするように変更したとして、検索結果も上位にランクインできたとしても、結果集客につながっていなければ対策をしたという自己満足で終わってしまいます。

大切なことはMEOを利用することではなく、MEOを最大限に活用することなのです。

MEOで最大の効果を引き出すには?

提供する情報サイトの業種業態や、利用者の性別や年齢層、利用する時間帯や所在地の地域的特性といった様々な情報との掛け合わせを総合的に見て判断する必要があります。

これらの項目とサイトとの関連付け、そして正確で見やすく関心を抱きやすい掲載内容というものが問われてくるのです。

こういった点を意識して対策を打たないことには、せっかく素晴らしいツールであったとしてもその価値が最大限に活かすことにはなりません。

ここにはノウハウといった経験則や豊富なデータからの分析といったマネジメントとしての要素も加わってくるのです。

まとめ

MEOという手法は、比較的コストもかからず、しかも従来の広告媒体に引けを取らない、ともすればそれ以上の効果が見込めるシステムと言えます。

そのため先駆的に導入し、積極的に行ったことによる優位性があることは言うまでもありません。

しかもそこにノウハウを加味し、その効果を最大限に引き出す努力をすれば、大きな成果となって跳ね返ってくる可能性を秘めている、それがMEOなのです。

MEO対策・Googleマイビジネスの更新は非常に大切です!
MEO対策のお問い合わせもお待ちしておりますので、ご連絡下さい。

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です