MEO対策の料金体系「成果報酬」とは?メリットや月額固定制との違い

MEOとは「Map Engine Optimization」の略称で、Googleマップでの検索時や通常のGoogle検索において、上位表示を獲得できるように最適化を行うサービスのことを指します。

Googleでは駅名や都市名など地域名を含んだ検索を行った際に、上部に地図や店舗情報などが表示されるGoogleマップの枠があります。この枠には、検索結果に該当する店舗や施設などが地図とともに表示されます。

ここで上位に表示されれば、多くの人の目に留まり、非常に高い集客効果が見込めます。MEO対策ではこの上位表示を狙います。

スマートフォンユーザーが増える昨今、外出先でお店や施設を検索する機会も増えています。Googleマップの枠として検索結果のファーストビューに表示されることは、より高い集客効果を見込むことができます。

さて、MEO対策を行う場合、ノウハウを持った企業に代行を依頼するのが一般的です。MEO対策の依頼を検討する際、よく出てくるのが「成果報酬」という料金体系です。

これは具体的にどのような仕組みの料金体系なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

MEO対策の料金体系「成果報酬」とは?

成果報酬とは?

MEO対策の料金体系の1つに「成果報酬」があります。

成果報酬とは、

「Googleマップ専用エリアに上位表示された日数×日額成果金額」で料金が決まる体系です。


専用エリアに表示されるのは上位3位までのため、3位以内に入らず表示されなかった場合は費用が発生しません。

対策を行うキーワードは複数語指定することが可能です。成果報酬制のサービスでは、その中から1キーワードでもランクインすれば成果報酬が発生します。

上位表示されたかをチェックする方法ですが、MEO対策各社は成果を確認できるチェックツールを保有しています。そのツールで取得したデータによって、成果の有無を判断しています。

成果が出た場合のみ費用が発生するので、「費用をかけたのに、成果が出なかったらどうしよう」という不安になることもありません。
特に初めてMEO対策を行う場合、上位に表示されるまで2~4週間かかることもあります。成果報酬であれば、その間の費用は発生しません。

支払いは対策を行う会社によって異なりますが、月末締め翌月支払いであることが多いです。

金額の相場は?

一口に成果報酬といっても、その金額は会社ごとに異なり、一般的な相場は上位表示1日あたりおよそ1,000~1,200円が目安です。対策するキーワードの上位表示難易度によっては、金額がさらに高くなる場合もあります。

上記の目安の場合、31日連続3位以内にランクインすると、合計31,000~37,200円ほどの報酬額となります。

また、金額だけでなく、契約期間、対策キーワード数、対策内容なども会社によって違いがあります。

成果報酬制と月額固定制

MEO対策の料金体系には、前の項でご紹介した成果報酬制のほかに「月額固定制」があります。それぞれにメリットと注意点がありますので、自社に合った料金体系を選びましょう。

月額固定制とは?

文字通り、月額の費用があらかじめ固定で決まっている料金体系です。

月額固定制では、成果に関わらず、毎月決まった金額を支払います。極端にいえば、1日しか上位表示されなくても、毎日上位表示されても、かかる費用は変わりません。

契約期間内の月額費用は一定になります。

成果報酬制との違いとは?

月額固定制は、成果の有無に関わらず料金が発生します。契約期間や毎月支払う金額が決まっているので予算が立てやすいですが、費用に見合った成果が保証されないという懸念点があります。

一方で、成果報酬は成果が出た時のみ費用が発生するので、取り組みを開始しやすいのが特徴です。

契約期間

成果報酬制と月額固定制どちらも、契約期間は6ヶ月~12ヶ月程度が目安です。

前述しましたが、成果報酬制サービスの一部では、一定期間成果が全く出なかった場合は途中解約を可能にしているものもあります。

一方、一部の成果報酬制サービスでは、初めて成果が発生したタイミングを契約開始としているものもあります。契約期間の規定については、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

また、成果報酬制と月額固定制ともに、更新については注意が必要です。

契約期間が終了した場合に、自動更新となる会社も多いため、申し出がなければ期間が延長されることとなります。

効果があれば更新でも問題がありませんが、効果を感じられない場合はキーワードを再設定することや、MEO対策会社を変更することがおすすめです。

成果報酬制を選ぶメリットと注意点

注意点

成果報酬制にも月額固定制にもそれぞれメリットと注意点があります。ここでは成果報酬制を選ぶメリットと注意点についてご紹介します。

メリット①:上位表示時のみ費用が発生する

MEO対策は、実施してからすぐに効果が出る保証はありません。成果が出るまでどれくらいの日数がかかるか予測できないこともあります。

成果報酬制なら、上位に表示された時のみ費用が発生します。成果が出なければ費用が発生しないため、費用の無駄を抑えることができます。

MEO対策と似ているインターネット対策として「SEO対策」があげられます。

SEO対策の費用相場が月に10~20万円ほどであるのに対し、MEO対策の成果報酬制サービスでは、月に2万ほどで対策を始めることも可能です。さらに、SEO対策よりも結果が出るまでにかかる時間が短いことも多く、実店舗・施設を持っていて、なるべく早く成果を出したいという企業におすすめです。

メリット②:初期費用が無料の場合も多い

成果報酬制をとっているサービスの中には、初期費用が無料のものも多くあります。

初期費用がかからないため、「成果が出るか不安なのでできるだけ費用をかけたくない」「成果が出るまで費用を抑えたい」という場合でも活用できるというメリットがあります。

注意点①:月額固定制よりも高くなる場合もある

成果報酬制の注意点として「毎日表示されれば月額固定制よりも高くなる可能性がある」ことが挙げられます。

成果報酬制は、1日あたりの成果報酬額×表示された日数によって、月間の成果報酬額を決定します。成果が発生した分しか支払わなくてよい仕組みであることは間違いありません。

しかし、もし月内で毎日上位表示できた場合、その金額は月額固定制で契約した場合よりも高くなる料金設定となっていることが多くあります。

さらに前述したとおり、成果報酬制では対策を行うキーワードは複数件指定することが可能で、その中から1キーワードでも上位表示できれば成果とするのが基本です。

例えば、複数件依頼したキーワードの中に、集客面では効果が薄いが上位に出やすい、といったキーワードがあったとしても、成果として認定されます。

これらのことから、成果報酬制を検討する際は、

・毎日上位表示された場合の費用

・依頼するキーワードは上位表示で集客効果が見込めるか

といった点に注意しましょう。

注意点②:上位表示が難しいキーワードは扱わない可能性も

MEO対策に使うキーワードは、一般的には「地名×キーワード」で表示されるものを選ぶことが多いです。

このキーワード選定において、あまりに競合他店舗が多く、上位掲載を行うことが難しい場合は、成果報酬制での依頼を受けてもらえない場合もあります。

この場合は成果報酬制で受けてもらえる別のキーワードに変更するか、どうしてもキーワードを変更したくない場合は月額固定制など別の料金体系でMEO対策を行ってもらう、といった方法があります。

成果報酬制を選ぶ場合のポイント

ポイント

MEO対策として成果報酬制を選ぶ場合、どのようなポイントを押さえておくべきでしょうか。3つの重要な点をご紹介します。

対策するキーワードは厳選しよう

ユーザーが店舗を探す時にどのような検索をするのかを考えてキーワードを選びましょう。

競合を調査してキーワードの候補を出したうえで、上位に表示できそうで、かつ集客効果が見込めるキーワードに絞っていくのがおすすめです。

対策キーワードの中で1つでも上位になると成果になることが多いため、しっかりとメリットが受けられるキーワードを厳選しましょう。

競合性を考える

地域に同じジャンルの店舗が多いほど、上位に表示される難易度は高くなります。たとえば「美容院」というキーワードの場合、地域にどれだけ美容院があるかで難易度は変わります。もし競合が多い場合、ただ「美容院」といった検索キーワードだと上位に表示さるのは難しいかもしれません。

その場合違うキーワードを考えることが大切です。たとえば、ヘアカラーが得意なら「デザインカラー」や「クイックカラー」など他と競合しないキーワードを選ぶのも有効な手段です。

MEO対策会社に相談するのもおすすめ

MEO対策を行っている会社であれば、効果の高いキーワードについての知識が豊富です。そのため、悩んだら早めにMEO対策会社に相談してみましょう。

どのようなキーワードなら上位に表示できるか、アドバイスをしてもらえます。

ただし、アドバイスされたキーワードが、しっかりと集客効果が見込まれるかどうかには注意が必要です。対策キーワードのうち1つでも上位に入れば成果に認定されるため、MEO対策会社の中には、上位表示しやすいキーワードを無理に盛り込もうとする会社もあるかもしれません。

あまりにマイナーなキーワードを選定してしまうと、肝心の検索ユーザーが少なく、集客に繋がらない可能性もありますので、注意しましょう。

月額固定制か成果報酬制か?

成果報酬制は成果が出た時のみに費用が発生するため、取り組みを始めやすいのがメリットです。ただし前述の通り、上位表示された日数が多くなれば、月額固定制よりも費用が高額となってしまうデメリットがあります。

月額固定制を選ぶべきか、成果報酬制を選ぶべきかは、十分に検討しておきましょう。

また、MEO対策会社の中には、月額固定制と成果報酬制の両方を提供している会社も多いため、発注先候補の会社に相談してみるのも良いでしょう。

MEO対策会社選びは慎重に

MEO対策会社は多く存在し、会社によって料金体系や契約期間などが大きく異なります。

成果が上がらないとMEO対策会社側も損をするため、様々な施策を打って頑張ってくれるというメリットもある反面、リスクのあるMEO対策を行ってしまう会社もあるかもしれません。こういった会社を選ばないことが大切です。

提供されるサービスに注目する

MEO対策会社によって、契約時に提供されるサービス内容が異なります。その内容を事前に把握しておきましょう。

たとえば株式会社プロモストの場合は、9つの項目を提供しています。

1.  Googleアカウント取得

2.  Googleマイビジネス作成

3.  基本情報の設定

4.  登録カテゴリの最適化

5.  各種画像の設定・リサイズ

6.  投稿機能を使ったPR

7.  外部施策(SNSやブログ)

8.  口コミを促す促進機能の提供(オプション)

9.  Googleマップの上位表示(3位以内)

このようにサービスにはさまざまな項目が含まれます。契約時にはどんな項目が含まれているのか確認しておきましょう。

Googleマイビジネスのガイドラインを準拠しているか

MEO対策を依頼する際には、Googleマイビジネスのアカウントを取得することが多いです。GoogleマイビジネスなどGoogleが提供するサービスには、それぞれガイドラインがあります。

このガイドラインに準拠していない場合は、アカウント停止などの措置を取られる可能性があります。価格だけでなくしっかりルールを守る会社を選びましょう。

まとめ

MEO対策の料金体系には、成果報酬制と月額固定制があります。どちらにもメリットと注意点がありますので、自社に合った方を選びましょう。

株式会社プロモストでは成果報酬制と月額固定制のどちらも取り扱っています。どちらの料金体系を選ぶべきか悩んでいる方も、気軽にご相談ください。ちなみに成果報酬プランの初期費用は無料なので、初めてのMEO対策でも取り組みやすくなっています。

また、特許を取得した日本初の計測地域が指定可能なMEOチェックツールを使用しています。そのため、指定した地域とキーワードによって、MEOの順位を毎日自動でチェック可能です。

お客様ごとに最適なプランをご案内しますので、まずはお気軽にご相談ください。

代理店募集
代理店募集中
MEO対策マニュアル
MEO対策マニュアルプレゼント

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です