MEO対策(ローカルSEO)とSEO対策の違い

MEO対策(ローカルSEO)とSEO対策の違いについてご説明をしてまいります。
最近MEO対策(ローカルSEO)が流行っていますが、、SEO対策とは何が違うの?という質問をされるのが増えてきております。

「MEO対策って何?SEO対策なら知っているけど」って方はいると思います。
今回は、MEO対策(ローカルSEO)とSEO対策は具体的に何が違って、どっちが効果的なの?どっちが安いの?など、色々な疑問があるかと思いますので、そちらを徹底的に説明をしていきたいと思います。

記事を読んで頂いた方々には、MEO対策(ローカルSEO)とSEO対策の特徴をよく理解した上で、どちらの対策が有効で、かつ費用対効果が良いのかを判断して頂ければと思います。

MEO対策とは

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称で「マップエンジン最適化」のことを指します。アメリカの方ではローカルSEOとも呼ばれているそうです。

「エリア+業態or業種」などの検索キーワードにてGoogle検索をした際に、Google検索結果に表示される地図枠に、対策をする店舗情報を上位表示させるために行う対策のことを、日本ではMEO対策と呼ばれております。

基本的に検索結果に表示されるマップ枠には、2or3店舗が表示されるようになっており、この2or3枠内へ上位表示がされた場合は、まずインプレッション数が格段に増幅します。ブランディングの効果も絶大ですし、広告のような役割を果たしてくれます。小さな店舗、有名じゃない店舗でも自分たちの商圏エリアにてシェアを拡大していくことが可能です。

図で説明すると、下記図のようになっております。【検索結果に表示されるGoogleマップの上位3位以内に表示させるための対策です】

検索結果

SEO対策よりも上に表示位置が移ったことにより注目されるようになりました。
会社名や屋号はもちろん、電話番号、住所、HPを掲載も
掲載できる点も、広告効果が高いと言われています。

SEO対策とは

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略称で「検索エンジン最適化」のことを指します。オーガニック検索とも言われており、特定の検索キーワードに対して、自社サイトを検索結果の上位に表示させるために内部対策・外部対策を行っていく施策のことを言います。

一般ユーザーは目的を持ってキーワードを入力し、検索を行っていきますので、ユーザーに目が止まったサイトや、ユーザー求める適切な情報を持つサイトなど、しっかりとした情報をもったサイトがあれば、インバウンドにてお問い合わせを頂けるケースが増えてくると思います。

2ページ目、3ページ目ともなると、ユーザーは探すのが面倒になり、サイト自体も見つけてもらえません。
そうなるとしっかりとした商材・商品を取り扱ってても宝の持ち腐れになる可能性が高いです。
なので、SEO対策をしっかりと行い、検索結果の1ページ目に表示させる事は大前提ですが、1位〜3位内に上位表示させる事が不可欠になってきております。

図で説明すると下記図のような場所がSEO対策範囲内なっております。

SEO検索結果

SEO対策よりMEO対策を選んだ方がいいケース

広告手法として、店舗型でビジネスをしている方に関してはSEO対策よりMEO対策を選んだ方が効果が高いです。
特に飲食店ですと、口コミを見て頂いたり、写真やGoogleストリートビューなどで、店の雰囲気も伝えれますので、
そこで来店に繋がる導線を作る事も可能です。

HPのチェックや経路案内もMAP上から出来ますので、「近くのラーメン」「近くのコンビニ」「肉肉しい料理店」など、
今行きたい店舗もすぐに表示させる事が出来るようになっております。

最近ではGoogleもCMを打つほど、Googleマップに力を入れているのが分かります。

マップ検索結果

店舗型ビジネスでSEO対策は、効果は勿論ないとは言いませんが、上位表示されるまでにかかるコストや時間を考えると
コスパが悪いと思います。

MEO対策とSEO対策のメリット、デメリット

MEO対策メリット

①SEO対策よりも上に上位表示が出来る!!!
MEO対策のメリットは、SEO対策部分よりも上部にマップ枠が表示され、オーガニック検索結果よりも目立つ形で上位に表示がされます。なので、MEO対策が成功して3位以内に上位表示が出来れば、インプレッション数も上昇し、ユーザーの行動数は爆発的に上がると予想されます。特に飲食店ですと、クリック率はかなり高まります。また、電話や経路検索等のユーザーの行動を促す機能がGoogleマイビジネスには備わっておりますので、しっかりと店舗の来店(売上)に繋がる形となります。

稀にマップではなく、リスティング広告が上部に表示されたり、マップ内にも広告が表示される場合がございます。

②早いと1週間以内で上位表示が可能!しっかりと効果が実感できる!
MEO対策は施策を行っていけば、1~2週間程度で成果が出る場合があります。SEO対策はGoogleのアルゴリズム上、現在はかなり難易度が高くなってきておりますので、その点では、店舗ビジネスを展開している所は、MEO対策を行なって集客した方が良いと思います。

SEO対策メリット

SEO対策にて1位表示された場合のクリック率は21%にもなっております。
Internet Marketing Ninjasが発表したデータですと、下記のように、2017年度の検索順位別のクリック率を確認して見て下さい。

検索順位 クリック率
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

広告をクリックしてくれるユーザーが少なくなってきている中で、SEO対策で上位に表示をすると、1位で21%、2位だと10%とクリック率は非常に高いです。10位とかになると1%という結果が出ており、あまりクリックされません。そうなるとしっかりとしたSEO対策をして特定のキーワードで1位表示させるメリットは計り知れないですね。

MEO対策デメリット

◼実店舗を持つ業種・業態のみが対策可能
実店舗を持つ業種・業態のみが施策の対象となっております。実店舗を持たないECサイト運営会社やポータルサイト運営会社等の業態ですと、Googleマイビジネスに登録をすることができないため、MEO対策を実施出来ない状況です。
また、登録出来たとしても、HPの中身をGoogleも確認するため、上位表示がしにくくなりつつあります。

飲食店や病院等など、地域に拠点を置く業種・業態に対しては非常に高い効果を発揮することが出来るんですね。

SEO対策デメリット

◼長期間の施策が必要です
SEO対策においては長期に渡る施策が必要となってきております。以前までは外部リンクを設置するだけで上位表示が可能な時代がありましたが、現在はサイトの構築や記事の更新など様々な観点、特にHPの中身を充実させる事が大事ですので、1日2日の作業ですぐに効果を得られるものではありません。すぐに効果を出したい場合は、SEO対策はオススメできません。むしろリスティング広告をオススメします。

◼高額な初期費用がかかります。
SEO対策を行なっている企業にアウトソーシングしますと、月額何十万と費用が発生します。未だに外部リンクのみ販売している業者もいますが、基本的にHPありきの外部リンク施策となってきておりますので、皆様騙されないようにしましょう。しっかりとした内部施策等を行なって頂ける企業に依頼をしましょう。

◼ペナルティのリスクがある
外部施策の方法によってはペナルティのリスクを伴います。昔に流行した手法ですが、リンクを買って自社サイトに設置をしてもらう手法です。安いリンクサイトですと、Googleに怪しまれ、一気に順位低下に繋がります。順位が一度落ちてしまうと、戻ってくるまでにも時間を要してしまいますので、気を付けて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?MEO対策とSEO対策の根本的な違いがご理解頂けたかと思います。
自社の合ったWebサービスをしっかり行えれば、集客は出来ますので、お困りの方はglumaにてご相談下さい!
MEO対策のお問い合わせ、お申込みはコチラの企業がおすすめです。
もしくはglumaのお問い合わせフォームにてご連絡下さい!お待ちしております。