Googleストリートビュー屋内版について!導入方法〜効果までを解説!

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)が、店舗向きのWeb集客サービスというのをご存知でしたでしょうか?
Googleストリートビュー(旧インドアビュー)の存在は聞いたことあるけど、どのように活用するの?効果あるの?と思っている方は多いと思います。
特に皆さんGoogleストリートビュー(屋外版)はご存知だと思います。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)は店内・施設内のパノラマ写真だけではなくて、その活用方法次第では、集客が2倍3倍と上がったなどや、来店率アップ!予約率アップ!なと、高い集客効果が見込めるんです。ここからGoogleストリートビュー(旧インドアビュー)について、徹底的に解説をしていきますので、宜しくお願い致します!

また、Googleストリートビュー(屋内版)を撮影したいという方は、お問い合わせ下さい。Google認定フォトグラファーとして活動しており、格安で撮影が可能です。特に関東圏での撮影ですと、10P3万円にて承っておりますので、是非ご連絡下さい。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)とは?

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)とは、店舗(居酒屋・歯科医院・美容室など)や施設(学校・老人ホーム・ジムなど)の中を一眼レフのカメラでにてパノラマ撮影し、屋内をバーチャルツアーすることで、ユーザーへ施設や視覚的に魅力を感じてもらえるようになります。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)導入後は、Googleを利用する世界中のユーザーが、パソコンやスマートフォンから簡単に360°の全方位パノラマ画像で、 施設内の下見やバーチャルツアーを体験できます。

なので、Googleストリートビュー(旧インドアビュー)が導入済みの場所であれば、世界中をインターネット上で旅行している気分になれます。また、接待などのお店選びなどにも最適です。写真では凄く綺麗だけど、お店行ってみたら汚かったなぁなどの経験があると思います。やはり店舗が綺麗なお店が良いですよね。下記がGoogleストリートビューの例になりますので、マウスを使って触って見て下さい。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)は、2010年からGoogleがテスト運用を開始していて、「Googleおみせフォト」として無料サービスとして日本に展開しておりましたが、2014年には「Googleマップインドアビュー」に変更し、そして翌年2015年には現在の「Googleストリートビュー(屋内版)」という名称へ変更した経緯がございます。

Googleストリートビュー(屋内版)は流石にGoogleも無料提供が出来なくなり、代理店を募って、有料販売を各代理店に任せているのが現状です。現在は代理店でも安い所で、2万円を切るという安さです。

安い所は安いなりに理由があるかもしれませんので、しっかりとした代理店に撮影を依頼するのをオススメ致します。

Googleストリートビュー(屋外版)の撮影は、下記の様な車が走って、日々写真を取っているみたいですね。
一度は皆さんも見たことがあるかもしれません。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)はどこで確認出来るのか?

①Google検索結果とGoogleマップ

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)は、Googleのサービス上で360°パノラマ写真のデータをGoogleに依頼し公開する形になるので、Google検索、もしくはGoogleマップから検索をした際に閲覧することが出来ます。

先程の事例で見せた居酒屋の店舗ですが、Googleで施設名等を検索すると、検索結果ページの右側にナレッジグラフが表示されます。そのナレッジグラフ上にある「写真を表示」(「中を見る」や「外観を見る」と表示されている可能性もあります。現在はほとんどが写真を表示と出ております。)をクリックします。

クリック後、Google上で公開されている、写真の一覧が表示されると思います。その後、「360°ビュー」という項目をクリックしますと、Google上で公開されているGoogleストリートビュー(旧インドアビュー)の360°パノラマ写真を閲覧できます。前後左右に移動が出来て、しっかりとバーチャル体験ができるようになっているんです。

また、写真が多くある中でも360°のマークが付いてあれば、Googleストリートビューだなと一発で分かります。
赤枠で囲ってある部分です。参考までに。

②Webサイト上で確認が出来る(自社サイトに埋め込みが可能)

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)にアップしている360°パノラマ写真は、Googleの検索結果、Googleマップ上だけではなく、自社サイトなどに簡単に埋め込みが可能なんです。

WebサイトへのGoogleストリートビュー(旧インドアビュー)の埋め込みは、場所や方向等の開始地点を自分で指定ができ、店舗の中で一番見せたい場所を意図的に強調させれるので、しっかりと有効に活用しければ、良い印象を与える事が可能になっております。

Webサイト内でもGoogle上で公開されている状態と一緒のものを設置出来るので、Webサイトに訪れたユーザーがバーチャル体験を行なうことができます。Webサイトに訪れたユーザーは疑似体験がその場ですぐに出来るので、離脱率を下げ、滞在時間を多くすることも可能です。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)の導入するメリットはあるの?

Google検索ユーザーのツアーへの関心

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)が導入されていると、ユーザーの興味関心が高まるという結果が出ているんです。
確かに導入されていない店舗よりかは、導入している店舗の方が信頼度もアップしそうですね。

予約・訪問率の向上

これもGoogleの統計値より、導入している店舗の方が予約率がアップしているそうです。

レストランやホテル等では、テキストだけの情報に比べて、テキスト+写真にて予約数が1.5倍、テキスト+写真+Googleストリートビュー(旧インドアビュー)では予約数が約2倍に伸びたという結果が出ているそうです。中でも18歳〜34歳のユーザーのアクション結果からすると、Googleストリートビュー(旧インドアビュー)でのバーチャル体験を行った後の予約率が130%高まったという結果も出ているみたいです。

MEO対策(ローカルSEO)に効果あり

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)を導入していると、MEO対策(ローカルSEO)に効果があります。MEO対策とは「地域名+業態・サービス名」といったキーワードにて、Google検索をした際に表示されるGoogleマップ専用枠に上位表示させるサービスのことを言います。昨今ではGoogleがCMをしている程力を入れている箇所になりますね。

MEO対策との親和性も非常に高くなりまして、上位表示された後、店舗の情報が見られる際にGoogleストリートビュー(旧インドアビュー)が導入されていると、そのまま予約にも繋がりやすいなどの利点があります。しかし、最近は導入しただけて上位表示されるケースは少なくなってきているみたいなので、専門の業者に依頼した方が良いですね。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)の導入はどうすれば出来るの?

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)を導入するには、Google認定フォトグラファーの資格を持っている業者、個人の方に撮影を依頼する必要があります。Googleストリートビュー(旧インドアビュー)の導入をご検討されている方は、こちらのお問い合わせからご相談ください。

MEO対策の内容でも、些細なことでも問題ありませんので、ご連絡下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Googleストリートビュー(旧インドアビュー)の特性や導入方法まで理解出来たかと思います。
後は、導入を迷っている方いらっしゃるのあれば、基本的にランニングコストがかからないサービスなので、撮影をオススメします。
今後は恐らく更にクオリティーが上がったサービスも出てくるかもしれません。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)の撮影・公開だけでなく、導入後の活用方法等についてもサポートしております。
お困りの方はglumaにてご相談下さい!
MEO対策のお問い合わせ、お申込みはコチラの企業がおすすめです。
もしくはglumaのお問い合わせフォームにてご連絡下さい!

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です