Googleマイビジネスの店舗情報が重複した際の解決策!

Googleマップを眺めていると、同じような店舗情報が1つ、2つ、3つとある時ありませんか?それってGoogleマップ内で店舗情報が重複している可能性があるんです。今回はGoogleマップ内でビジネス情報が重複していると気付いた時にする解決方法を説明していきます。

GoogleマップでAという店舗を検索した際に、同じ名前の店舗情報が2つ、3つ並んで表示されているとした時、自分で運用しているGoogleマイビジネスを管理している際に、「ビジネス情報の重複」という表示が出ている時があります。何か分からないからとりあえずこのままにしておこうかな〜と放置している方がいらっしゃいましたら、完全にアウト!です。せっかく作成したマイビジネスの評価が下がってしまう可能性が出てきてしまいます。マイビジネス情報の重複があると、Googleからマイビジネスを故意的に2つ3つ作ったと見なされ、MEO対策的にはマイナスの影響が出てくる可能性が非常に高いです。

そこで今回は、Googleマイビジネス情報の重複をどのように解決すればスムーズに運営していけるのかを詳しく説明をしていきたいと思います。

Googleマイビジネス情報の重複とは?

Googleマイビジネスの重複とは、Googleマップ内で同じ店舗の情報が2つ、3つ以上存在している場合であり、かつ自分のアカウント内で同じ住所・同じ店舗のビジネス情報が存在している状態の事を言います。

Googleマップ内で同じ店舗の情報が2つ以上存在していると、Googleマップ上で2つ店舗が表示がされてしまうので、ユーザーはどちらのマイビジネスを信じれば良いのか、どちらのマイビジネスに口コミを書けば良いのか迷ってしまいますね。後々気付いた後ですと、両方に口コミが書かれており、MEO対策的にも良くありません。

重複しているビジネス情報がなぜ発生してしまうかというと2通り考えられます。1つは前Web担当者が知らず知らずにオーナー登録までしてしまっており、引き継いだ時点で知らず、新しいWeb担当が新しく作成してしまった時。2つ目はGoogleが自動生成で作成しているマイビジネスを知らずに、自分自身でオーナー登録を済ましてしまった場合です。こうなってしまうとGoogleマイビジネスを確認した際に重複しているというアラートが発生してしまいます。

また、自分のアカウント内で同じ住所等のマイビジネス情報を保持している場合は、Googleマイビジネスにログインした際に、「ビジネス情報の重複」という形でアラートが出てしまいます。この場合には同じアカウントの中で、既にオーナー確認が済みのビジネス情報とは別に、新たに同じ店舗のビジネス情報が追加されているので、変更、もしくは削除して解決をしてみましょう。

どちらの場合にも、管理しないマイビジネス情報を削除し、Googleサポートへ申請し、統一する作業を依頼してみましょう。検索した際の報告場所で依頼をしても対応が遅くなってしまうので、こちらからログイン後、現状の状況と統一させたい旨を書き込み、依頼をして下さい。1〜2日後にメールもしくはお電話にてGoogleサポートチームより連絡が来るようになっております。実際の所Googleサポートチームにお話をした方が早く解決をしてくれるでしょう。

Googleマイビジネス情報の重複の解決方法

Googleマップで同じ店舗の情報が2つ以上存在しているケース

こちらでは上記でお話をした、重複しているGoogleマイビジネスの一方はオーナー確認が済みで、もう一方は誰が管理しているのか不明、もしくはGoogleによって自動生成されてしまっている状態の対処法になっております。 まず簡単に出来るのは、Googleに検索ユーザーとして重複している旨を簡単に報告することが可能です。

Googleにログインをし、Googleマップより該当のビジネスを検索します。Googleマップの左側に詳細情報が表示されると、真ん中辺りに「情報の修正を提案」というボタンがあるので、クリックをして下さい。

上記のように切り替わったら、矢印部分の「閉業している、または存在しない場所」のチェックを「はい」に切り替えて下さい。

理由を選択する項目が表示されたら、「他の場所と重複」にチェックを入れ、送信ボタンを押してください。
上記内容にてGoogleへの報告は完了出来ました。しかし、こちらの審査が思った以上に長いので、重複が認められてから、Google側で重複したビジネス情報を削除するのはかなり時間がかかってきてしまいます。すぐに削除が完了出来ないので、すぐにして欲しいという方は直接Googleサポートにお問い合わせして下さい。

また、上記で報告を行ったGoogleマイビジネスの重複が100%認められるわけではないです。場合によっては削除されないこともありますので、申請してからどれくらい時間が経ったかを確認しましょう。

2つめの方法といたしまして、Googleが自動でビジネス情報を生成していた時に限定した対処法をお伝えします。Google側が自動生成しており、オーナー登録がされていないGoogleマイビジネス情報の場合、「このビジネスのオーナーですか?」という記載が表示されているようになっております。これでまず、オーナー登録がされているかされていないかを判断出来ますね。

現在色々な管理しているGメールアカウントから、オーナー確認を行って下さい。オーナー確認の方法については、 まずするべきこと《google マイビジネスへの登録》にて対応方法を記載しておりますので、記事内容をしっかり確認した上で登録を行ってみましょう。

同じアカウント内で同じ住所・店舗のビジネス情報が保持しているケース

Googleマイビジネス内の、「すべてのビジネス情報」画面のTo-doリストをまずご確認下さい。「ビジネス情報の重複」という表示がされているのを確認出来ますでしょうか?

同様に、ページ下部にある「ビジネス情報」の表示形式を「リスト表示」に切り替えて下さい。その後に、下部左側で「ビジネス情報の重複」を選択するとセグメントされます。赤い文字で「重複」の表示が出るようになっているマイビジネスが確認出来ましたら、右側にある「重複を削除」をクリックすると、対象のビジネスを削除することが可能となっております。

対象となるビジネス内から、右側に表示される「このリスティングを閉業、または削除する」でも削除が可能となっております。
間違って消したくないマイビジネスを消さないように十分に気を付けて下さい。一度削除してしまったマイビジネスを復活させることは出来ませんので、要注意です。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?Googleマップでビジネス情報が重複したときの解決方法はご理解頂けましたか?

Googleマイビジネの重複のやり方が分からないからといって、そのままやり過ごしてしまいがちですが、Googleの検索結果上に複数同じような情報が表示していると、ユーザー的にも悪影響を及ぼしますし、MEO対策的にも良くありません。

オーナー、Web担当者がしっかり管理をしていく上で、Googleマイビジネスの活用がいかに重要かを再認識出来ると思いますし、新規の集客UPにも繋がりやすくなります。最新の情報をUPし、ユーザーにホームページ等を見てもらえるようにしていきましょう!

また、MEO専門の業者を比較、まとめた記事を掲載しています!こちらも是非一度ご確認下さい!MEO対策業者一覧です。

その他、MEO対策で気になる方はコチラからお問い合わせ下さい!

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です