MEO対策で上位表示される方法!

「SEO対策はやっているけれどMEO対策はやっていない」という人は多いかもしれません。
でも、MEO対策は低コストでもっと簡単にできるということを知っていますか?

今回は、そんなMEO対策で上位表示させるやり方についてシェアします。
ぜひ、参考にしてください。

MEO対策はスマホの普及によってさらに効果的に

MEO対策は、簡単に言うとGoogle Maps上で自社サイトを上位表示させるもの。それによって、高い集客効果が見込め売上アップにつながります。近年、スマートフォンを使う人が多く、携帯電話=スマホと認識されています。
近くのカフェやレストラン、居酒屋を調べる際もスマートフォンのマップ(GPS機能)を使うと思います。多くのスマートフォンには、GPS機能がついており今どこにいるかのか、現在地周辺に何があるのかなどが簡単に調べられます。
つまり、位置情報をもとに最適な場所を表示してくれるので、スマホユーザーの増加によってこのMEO対策がより効果的になっているのです。

マップ上で上位表示させるコツ4点



MEO対策は、ただ闇雲にやるのではなく、やるからにはなるべく上位表示させたいものです。
そのために、いくつかのポイントがあります。

①口コミを得る



口コミは、いわゆる「レビュー」のことで、実際に店舗に訪れたお客さんがお店に対してどのように思ったかを投稿する機能です。
この口コミの評価が高いと、それを通してどんどん新しいお客さんがやって来ます。
口コミが多い=MEOで上位表示とは必ずしもなりませんが、口コミの数が多ければ多いほど有利なのには変わりありません。
口コミを書いてもらうには、店舗側から積極的に声がけする必要があります。
そもそも、Google上に口コミ投稿ができるということ自体知らない人の方が多いので、相手の迷惑にならない程度にさりげなく書いてもらえるように伝えたいです。

②ネット上の他媒体を使ってサイテーションを集める

まずサイテーションって何?という方、

言葉としては「引用」「言及」という意味。

SEOの世界では「リンクではない形による、他ページ(他コンテンツ)の参照」を意味するものとして使われることが多い。

昨今の検索エンジンは、あるページに対する参照や言及がネット上にどの程度されているかを判断する材料としてリンクを利用している。特定のページに対してさまざまなサイトからリンクが貼られていると、リンク先のページが「多くの人から評価されている」と見なすというのが基本だ。

しかし、リンク以外の方法で他ページを参照することもある。

・リンクは貼らないがURLをテキストとして記述する
・サイト名をテキストとして記述する

こうしたものを「サイテーション」と呼んで、リンクとは異なる言及だとみなされることがある。

また、ローカル検索(地図検索、プレイス検索)では検索対象が実在の店舗や場所となるため、言及したり参照したりする際に必ずしも「リンク」を使えるとは限らない。

そのため、店舗や会社の名前、住所、電話番号などに関する記述を「サイテーション」として扱い、評価の対象にすると言われている。
引用元:https://webtan.impress.co.jp/g/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

MEO対策は、Google MapsのものですがGoogle上のみサービスを充実させればいいというわけではありません。
と言うのも、Googleは「ユーザーの利益になるサイトを上位表示させる」ことを重要視しているので、様々なメディアで露出し、多くのユーザーのためになるような情報を提供します。そのために、FacebookやTwitter、その他ブログなど他媒体でも積極的に露出していきましょう。

③順位チェックツールを使って改善点を見直す



MEO対策を導入しても、それがどのくらい効果があるのか把握していなければ良くも悪くもなりません。
そのために、現在のマップ上での順位を確認して、何か改善点があれば修正します。
順位を確認するには、順位チェックツールや自分で確認する方法もあるので、好きな方法で確かめてみてください。
ちなみに、無料で順位を確認する方法は以前の記事に詳しく書いているので参考にしてください。

こちらの記事「ローカルSEO・MEO対策の検索順位を無料チェックする方法を4つお伝えします!」で確認してみて下さい。

④マイビジネス内の情報を整理する



マイビジネス内には修正出来る箇所がたくさんあります。その中でも、住所などは間違えないように設定しましょう。住所を間違えてるだけで、評価が下がることが多くあります。また、電話番号や営業時間も同じです。しっかりと自社の掲載している情報を記載するように心がけましょう。しかし、ユーザーからの申請で勝手に修正されてしまう場合が多々あります。店名も変えられたりと、悪質な行為をするユーザーや競合他社、企業が存在しますので、常日頃、Googleマイビジネスを確認するようにしましょう。日々の積み重ねがMEO対策の上位表示近道となっております。


まとめ

いかがでしたか?今回は、MEO対策で上位表示させるためのやり方についてでした。
オーナー様、Web担当者様はしっかりマップ上で自分の店舗を上位表示させて街の人気店を目指しましょう。
マイビジネスの運営・MEO対策にご興味ある方は、こちらのMEO対策お問い合わせよりご連絡下さい。

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です