【実店舗オーナー】MEOアルゴリズムを知ってマップ上位を目指しましょう!

【実店舗オーナー】MEOアルゴリズムを知ってマップ上位を目指しましょう!

Shortcodes Ultimate

地図だけでなく評判や口コミなども確認できるGoogleマップ。最近、さらに利用者が増えておりそこで上位表示されると店の集客につながります。

今回は、そんなMEO、ローカル検索のアルゴリズムについての内容です。実店舗オーナー・経営者は必見です。

そもそもアルゴリズムって何?

「地域 × 業種」などの検索で上位表示されるMEOですが、今Googleが非常に力を入れている機能でもあります。

従来の口コミサイトやサービスよりもよりリアルで信ぴょう性のある評価が聞けるという理由などからユーザー数が急激に増えており、店舗側にとっても導入しない手はありません。

そんなMEOで大切になるのが「アルゴリズム」です。

アルゴリズムとは、簡単に言うと掲載順位を決めるための仕組みのことで、サイトの更新頻度やサイトの信頼度などをGoolgeが分析を行い利用者にとって一番いい検索結果を表示しているのです。

このアルゴリズムによってマップ上の順位が決められています。

ただ、Googleはアルゴリズムを一切公表していませんがマイビジネスヘルプページではMEOの掲載順位が決定される仕組みの一部が公開されています。

Googleが公開しているアルゴリズム・仕組み

マップで検索する女性

MEOでは関連性・距離・知名度を元に順位が決められています。順番に見ていきましょう。

関連性

マップでは、ユーザーの検索キーワードに基づいて表示されます。

「横浜 × 居酒屋」など検索されるキーワードに関連する情報が登録されている店舗が上位に表示されるようになっており、この場合だと居酒屋であること住所や電話番号、営業時間などが登録されていることが重要です。

距離

ユーザーの位置情報や検索キーワードの地名などによって表示順位は大きく異なります。

店舗の場所を変更することはできないので、自分の登録している地域での上位表示を目指しましょう。

知名度

GoogleにはクロールというWebサイトの情報を収集する仕組みがあり、ブログなどで紹介されている、SNSで拡散されているなど知名度の高さも評価対象になります。

自社ホームページやSNSアカウントを取得するなど自分で知名度を増やすこともできるので覚えておいてください。

MEO対策で上位表示させる方法

MEOでは関連性・距離・知名度が大切ということがわかりました。これがわかればあとは上位表示させるために対策を行うのみです。

検索キーワードの決定

検索キーワードは「地域 × 業種」で構成されているワードのことで、これを決めていないと何も始まりません。

店舗情報との関連性を上げるためにもキーワード設定は非常に大切なのです。

店舗情報の登録

検索結果に表示されるには店舗情報をしっかり設定しておく必要があります。

具体的には、住所や電話番号、ホームページなどです。

写真や動画の掲載

カメラで撮影する

実際、上位表示されている店舗には写真や動画が掲載されています。

写真などイメージで店舗の雰囲気がわかると利用者も行きやすくなります。適当な写真ではなく高品質なものを使いましょう。

口コミ

MEOにおいて、口コミはとても大切です。

ただ、自作自演はNGなので来店していただいたお客様に口コミを書いてもらえるよう工夫しましょう。

口コミをもらったら放置せずにしっかり返信するのも忘れないようにしてください。

Googleマイビジネスとホームページ情報の一致

MEOだけに限らず、同じ店舗なのに情報が異なるのは考えられません。

店舗名や住所、電話番号、営業時間などちゃんと統一させましょう。

まとめ

いかがでしたか?今日は、MEO対策のアルゴリズムについてでした。

細かい内容は公表されていませんが、公表されている一部や上位表示されている店舗を参考にするとアルゴリズムの仕組みが見えてきます。

株式会社プロモストではMEO対策サポートを行っているので、MEO対策を導入したい、検討している人は一度弊社までご相談ください。

最適なプラン・サポートを提供いたします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

【実店舗オーナー】MEOアルゴリズムを知ってマップ上位を目指しましょう!

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です