MEO対策のデメリットについてお伝えします。

今話題の「MEO対策」!!!4つのデメリットについてお伝えします

お久しぶりです。マーケターのTです。ココ最近記事が書けてなかったのですが、是非チェックしてみて下さい。

関東や関西を中心に日本全国で今、MEO対策を導入する店舗が増えています。
特に、店舗集客型のビジネスオーナーであれば、もはやMEO対策は必須とも言えるかもしれません。

今回は、そんなMEO対策のデメリットに焦点を当ててみました。導入するにしても良いところだけじゃなく悪いところも理解した上で、慎重に決めたいものです。

気になる方は、ぜひ参考にしてください。

既に飲食店や美容サロンなど様々な店舗がMEO対策を行なっているので、自分の施策では上位表示しづらいかも?

飲食店 美容サロン

MEO対策を行うことで、Googleマップ専用枠の3位以内に店舗を表示させることができるので、高い集客効果が期待できます。
今や、飲食店を始め美容サロン、歯医者、ホテル、学校などもこのMEO対策を行なっています。MEO対策には、クリック率のアップによる集客効果、スマートフォンユーザーの増加の恩恵など様々なメリットがありますが、当然ながらデメリットもあります。

・飲食店の出店数は・・・・・

引用元:http://www.jfnet.or.jp/files/getujidata-2019-01.pdf
日本全全体で、199事業者のうち36,659店舗数の外食産業がある状況です。

人口が多い地域ですと、競合が多いので、上位表示もしづらいです。
逆に競合が少ない地域ですと、上位表示は簡単です。
飲食店もかなりの店舗数がありますので、メディア媒体である(食べログ、ぐるなび、ホットペッパー、Retty etc)などに依存するだけでなく、自分たちのHPから集客出来るようにするのが生き残る道だと考えます。

SEO対策ですと、既にメディアサイトが上位表示されており、中々自社サイトでの上位表示は厳しくなっております。
MEO対策は、そこの難題を唯一解決が出来るのではないかと思います。

・美容室の出店数は下記の通りだ!

引用元:http://ribiyo-news.jp/?p=21541
2017年3月末現在の各都道府県別 美容店舗数、美容師数と前年度比。厚生労働省・衛生行政報告(平成28年度)より。

美容店舗数は軒並み増加するなかで、北海道、青森、秋田、福島の4道府県で減少した。美容師数では千葉県が2千人を超えて減少した。千葉県は2年続けての減少だった。

競合が多い地域では、既に対策をしている店舗も多数出てきております。
SEO対策と似ている所は、既に上位表示出来ているところを抜かすとなると時間がかかり、労力を要する形です。
美容室は特にホットペッパーが強いのですが、ココ最近ではMEOのお問い合わせが増えつつあります。

そこで今回は、あえてそのデメリットに着目し、今からMEO対策を考えているオーナー様、Web担当者様に知ってもらおうと思っております。

MEO対策のデメリットその1 すぐに結果が出るわけではない

結果

MEO対策を導入したからと、数日で思うような結果が出るわけではありません。

店舗又はどのように対策するかによって異なりますが、一般的には数ヶ月ほどかかると思います。
「来週にでも多くのお客さんを集めたい」という短期的な目線では、MEO対策はあまり有効的ではないかもしれません。

結果の部分については、何を持って結果なのかを決めることも大事です。
上位表示されれば良いという事ではなく、むしろ上位表示された後の行動が大事になります。
しっかりとお店のサービスも見直して運営をしていきましょう。

MEO対策のデメリットその2 導入できる店舗が限られている

限定

MEO対策は現在あらゆる店舗で導入されていると言いましたが、あくまでもそれは実店舗を持つビジネスです。
そのため、実店舗を持たない通販サイトやアクセス数のみ欲しいサイトの場合は、そもそもGoogleマイビジネスに登録できないのでMEO対策は行えません。

仮に登録できたとしても、Googleがホームページの中身なども確認するので、上位表示が難しくなるでしょう。
そのため、飲食店やサービス、病院など地域に拠点を置く業種にとってはMEO対策は非常に有効ですが、全ての業種・業態に当てはまるわけではありません。

MEO対策のデメリットその3 口コミを集める必要がある

口コミを集める

MEO対策で上位表示させるには、Googleマップ上に口コミをたくさん書いてもらう必要があります。

よく来店する常連のお客さんがいるところならお願いして書いてもらえるかもしれませんが、店舗やサービス体系によってはお願いしにくいところもあるかもしれません。

口コミが欲しいからとしつこくお客さんにお願いしても嫌がられるかもしれないので、そこの調整はとても難しいです。

相手を不快にさせないように自然に口コミを書いてもらえるような何かいい方法を考えたいものです。

MEO対策のデメリットその4 機械が苦手な人には少し難しいかも知れません

機械音痴

MEO対策は、マイビジネスへの登録やGoogleストリートビューなど全てパソコンやスマホなどで行います。
なので、ある程度のWeb知識がないと時間がかかるし、かなり手間になってしまいます。
作業自体はそこまで専門的ではありませんが、普段スマートフォンを使っていない、機械音痴という人にはややハードルが高いかもしれません。

そこで今MEO対策を行っている業者がかなり増えてきている状況です。
MEO対策業者一覧はGluma記事にもUPしている、下記記事を参考にしてみて下さい。
日本全国にたくさんの業者がいますので、自分に合ったMEO対策会社を見つけて、相談してみましょう!
勿論、Glumaからのお問い合わせもお待ちしております。

MEO対策会社・業者の大阪・関西圏(料金/費用詳細)まとめ10選!
東京都のMEO対策会社・業者(料金/費用詳細/効果)のまとめ10選!

まとめ

実店舗を持つビジネスには、MEO対策は非常に有効です。GoogleMAPのアップデートも2019年3月中に起こるみたいなので、注意深く確認して見てください。

気になる記事はこちらから。

でも、どんなに便利なものでもデメリットは存在するので、それを理解した上で上手に活用しましょう。
闇雲に良いと思ってすぐに契約をするのではなく、メリット、デメリットを自分でしっかり見極めて、判断をして下さい。
最近ではMEO業者も増え、格安で対応してくれる企業も出てきましたが、安い業者は安いなりの意味があって安いのです。
詐欺会社には気をつけて行きましょう。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続きGlumaを宜しくお願い致します。