MEO対策(ローカルSEO)順位をチェックする時に確認すべき2つのこと

Shortcodes Ultimate

MEO対策(ローカルSEO対策)を行われているビジネスオーナーの方も年々増加しており、MEO対策(ローカルSEO対策)の順位測定効果測定必要性も高まってきています。

Googleマイビジネス単体では、Googleが無料で提供しているサービスですので、ローカルビジネスのオーナー様でも運用を行うことは可能ですが、日々の順位チェックや競合の順位チェック、口コミへの返信など、実際に運用するとなるとなかなか大変な部分も多いです。

MEO対策(ローカルSEO)順位計測時の注意点①検索地点

ローカル検索の検索結果は検索する地点によって異なります

過去のGoogle MAPのアップデートでより検索地点に関連した検索結果を表示するアルゴリズムになりました。

例えば東京と大阪では、それぞれの地域に最適化された順位で表示されます。

Googleはよりユーザーに対して有益な情報を提供するという方針のもとサービスを運営しています。

Google MAPの表示順位を確認する上では、正しい位置で検索されているか?を確認することが重要になってきます。

検索地点での順位は詳細に計測する必要がありますが、その際に考慮するべきなのがユーザーが位置情報機能を【ON】にしているか【OFF】にしているかどうかです。

GoogleMAPの表示順位に影響する要素の一つに【近接性】があります。距離が近い=上位に表示されるというわけではありませんが、検索地点も検索順位に影響する一つの要素です。

位置情報を【ON】にしている場合は、検索順位に位置情報が影響し、【OFF】にしている場合は、Google IPでの検索結果になります。

上記の理由で、ユーザーの位置情報のON/OFFも考慮した順位測定をMEO対策(ローカルSEO)では行う必要があります。

位置情報をONにしているユーザーの割合は?

とあるリサーチの結果では、GPSを常にONにしているユーザーは16%特定のアプリの使用中においてONにしているユーザーが30%必要時にONにしているというユーザーが35%ほとんどONにしないユーザーが19%という結果になっています。

MEO対策(ローカルSEO)順位計測時の注意点②検索時間

Google MAPの検索結果は検索した時間帯によっても異なります。

前述しましたが、Googleはユーザに有益な情報を提供するという方針のもとサービスを運営しています。

検索結果に表示される店舗が営業時間外の場合、ユーザーにとっては有益な情報とは言えないため、Googleマイビジネスに登録されている営業時間から最適化した検索結果を表示しています。

このような理由から自分のビジネスの営業時間での順位を確認することが重要です。

正しい検索地点、検索時間で順位を把握するべき理由とは

Googleマイビジネス運用の最適化を行い、Google MAPをつかった集客・集患を最大化するには、正しい検索地点と正しい検索時間での順位測定を行う必要があります。

「上位表示されていると思ったけど、意図した地域ではなかった。」

「上位表示されていると思ったけど、営業時間外だった。」

この様な重要な集客機会を損失してしまわないためにも、正しい表示順位を把握するようにしましょう。

Google MAP正確なの表示順位を知るには?

Google MAPの表示順位を知る方法はいくつかありますが、確認できる順位が限定されてしまっていたり、手間がかかるケースも多く、正しい検索位置、検索時間の順位を把握するのは困難です。

そこで、弊社が提供しているMEO順位チェックツールのご紹介です。

弊社のツールはGoogleから公式にAPIデータをいただいており、特許も取得しております。

特許証

特許

下記のボタンより、MEO順位チェックツールの画面を無料体験することができます。

MEO順位チェックツールの無料体験はこちら

下記のボタンよりお問い合わせください。

他にも、口コミの管理や返信、促進機能どの機能も提供しております。

まとめ

MEO対策(ローカルSEOを行う上では、正確な検索時間、正確な検索位置での順位を把握することが重要です。

これらの正しい順位を把握していないとせっかくの集客の機会を逃してしまいます。

自力でMEOの順位を把握することはとても難しいので、弊社の提供しているMEOチェックツールをご検討ください。

今回の記事はいかがでしたか?もし良かったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です